● TOPに戻る  

霊芝の薬効を支える有効成分〜♪

           

●制癌効果が注目される多糖類〜♪.......

霊芝の有効作用を支えている代表的な含 有成分をみてみましょうね。

【多糖類】

多糖類とは、グルコースなどの単糖類が 結合したもので、その結合のしかたによっ て異なった作用をしめします。
霊芝に含まれている多糖類は<β-D グルカン>と呼ばれるもので、
これには強 い< 抗癌作用 >が確認されています。
多糖類の制ガン作用は、化学薬品のよう にガン細胞を直接攻撃して退治するもので はなく、
体の免疫力を高めてガンの発生・ 増殖を抑えるため、毒性や副作用の心配が ありません。
霊芝の多糖類は、現在、抗癌剤の開発 原料として、もっとも注目されている成分 のひとつです。

【トリテルペノイド】

霊芝の表面に存在する成分で、霊芝特有 の苦味の成分でもあります。
ガノデリック アシッドといわれるもので、この成分には < 抗アレルギー作用 >が知られています。
ですから苦味の強い霊芝ほど、アレルギー 症状に対して有効作用が期待できるという ことです。

【その他の有効成分】
キノコ類一般に含まれている< ステロー ル >は、高脂血症の治療薬として使われて いますが、
霊芝にはこのステロールも多く 含まれています。血中成分を改善する霊芝 の作用は、この成分の働きによります。
また、中性脂肪の合成・分解に役立つ < アデノシン >や、アスパラギン酸、グル タミンといった
各種アミノ酸の含有バラン スもすばらしい内容となっています

中国ではキノコは、数千年の昔から食 材としてのみならず、薬剤としても愛用 されてきました。
たとえば冬虫夏草、猪苓、霊芝、マ イタケなどは、いまでも漢方薬のおもな 原料として使われています。
日本でも古くは、乾燥させたキノコを 煎じて、薬として飲用したという話も伝 え聞いていますし、東洋の人びとの食生 活とキノコとのつながりは何よりも深い ものと言えるでしょう。

●霊芝は、おめでたい、キノヨ〜♪................

霊芝は、採取される地域や時代に よって、さまざまな名称で呼ばれてき ました。

万年茸、幸茸、福茸、三枝、 神芝、玉来、吉祥茸、瑞茸などすべて 霊芝の別称です。

他にも古い文献から拾い上げればき りがありませんが、それらはすべて
<おめでたい呼称>という点で共通し ていますね。
なぜおめでたいのかといえぱ、霊芝 の高い薬効はもとよりその希少性が 影響していると思われます。
なにしろ人工栽培に成功するまで は、生涯に一度、お目にかかれるかど うかの
貴重品でしたし、それに< 不老不 死の妙薬 >といった神秘性が加わっ て、おめでたいイメージが定着して いったのでしょうね。

江戸時代に林驚峯(林羅山の第三子) が著した『鷲峯文集』の中に、次のよ うな一文が記されています。

<草の中でもっともおめでたいのは 霊芝である。その理由は生えることが 吉兆であるからである>なんですね.....

 




Copyright ami21 .All Rights Reserved.    .


inserted by FC2 system