まいたけ、マイタケ、舞茸と癌(がん細胞)の発生を予防、抑制する .....



癌がんはなぜ発生するのかでしょうか....

●ガンは転移、再発が問題になります

日本人の三大疾患といえば、癌ガンと心 臓病、それに脳卒中があげられますが、 中でも癌ガンは死因の第一位です
いま だに決定的な治療法が見つかっていない というのが現状です。
癌ガンは遺伝子の損傷により、正常な細 胞が影響を受けて、悪性化したものとい われています。その悪性化したガン細胞 が、周囲の正常な組織や器官を浸蝕して いくわけですが、厄介なのは、血管やリ ンパ系に入ることによって、他の部位に <転移>し、新たにガンを生み出すとい うことです。
一度手術により摘出しても、他に転移 していたり、癌ガン細胞が残っていた場合 には、癌ガンは再発することになるわけで す。
それだけに、つねに注意を怠たれ ず、また、健康な人にしても、いつ発症 するか分からない、という怖さも秘めて いるのです。そして、まいたけ、マイタケ、舞茸と癌(がん細胞)の発生を予防、抑制することが大切です。

●前立腺ガンと乳ガンにつきまして...

こうしたガンの中でも、最近、とくに 深刻化しているのが、体のホルモンに関 するガンです。
男性の場合は前立腺ガ ン、女性の場合は乳ガンです。
前立腺ガンは、アメリカにおいては高 齢の男性にもっとも多く発症するガン で、死亡率も高くなっています。
前立腺ガンはホルモン治療によって、 よい反応を得ることができるのですが、 ガン細胞が治療剤に対して耐性をつけて くるために、二、三年の間に八○%以上 の患者が、効果を得られなくなってしま うと言われています。また、まいたけ、マイタケ、舞茸と癌(がん細胞)の発生を予防、抑制することが大切です。

●8人に1人は乳ガンに.......

一方、アメリカの国立癌研究所によ ると、アメリカ人女性のうち、8人に1 人は乳ガンにかかる可能性のあることが 指摘されています。
事実、乳ガンはアメ リカでは増えつづける一方です。
このような現象は、食生活をはじめと するライフスタイルが欧米化している日 本においても、まさに後を追うように急 速に現れつつあります。
現在のところ、ガンのおもな治療法と しては、抗癌剤を投与したり、放射線 を当てたり、あるいは手術で切り取るな どの方法がとられていますが、
副作用や 転移の問題を考えれば、必ずしもベスト な方法であるとはいいきれません。
しかし、そんな中にあって、ガンの治 療に光明をもたらすような一つの実験結 果が発表されました。アメリカの研究グループによる ものです。まず、まいたけ、マイタケ、舞茸と癌(がん細胞)の発生を予防、抑制することが大切です。

●癌(がん)細胞の自然死..........
●前立腺癌細胞で実験しています

アメリカの研究グループは、1999 年12月にアメリカの学会で、そして2000年4月、日本において、次のよう な実験結果を発表されました
舞茸(まいたけ、マイタケ)から抽出したエキス、<マイタケdフラクションやマイタケエキス、舞茸エキス等>を、人間の前立腺ガン細胞 に<もっとも活発で悪性度の高いPC-3 というガン細胞>に施し、ガン細胞のア ポトーシス一自然死一作用を誘発する実 験を行なったところ、その作用が顕著に 認められたというものです。
すなわち、マイタケdフラクションやマイタケエキス、舞茸エキス等を投与し た前立腺癌の細胞では、細胞膜の酸化 応力が著しく進み、細胞が自滅するアポ トーシス効果が確認されたということで す。注目を集めるまいたけ、マイタケ、舞茸。

●アポトーシスとネクローシス.....

アポトーシスとは、簡単に言えば、細 胞の<自然死>のことで、別名「細胞の 自殺」とも言われています。
これはどういうことかというと、細胞 には「必要ないと判断されると淘汰され る」システムがプログラムされており、 そうした状況になると、細胞が自然に死 滅するというものです。
このアポトーシスとは逆の意味で使わ れているのが、ネクローシス<壊死>で す。
これは外部から力を加えて、細胞を 死滅させることです。
こうはいっても、なかなか分かりにく いので、注目を集めるまいたけ、マイタケ、舞茸などから身近な例をあげて説明しましょ う。

●自然淘汰のプログラム......

たとえば、オタマジャクシの尾は自然 に消えてなくなりますが、これはそうな るように、細胞内に事前にプログラムさ れているために起こるものです。
また、胎児の神経細胞にしても、その 増殖のスピードは速く、一気に必要以上 に作られます。
そして必要でない分は、 やがて淘汰され、残った細胞が成長をつ づけていくことになります。
これらはアポトーシスの一例ですが、 別に動物にかぎったことではありませ ん。植物でも同じような現象が見られま す。
冬になると、落葉樹の葉は枯れて落ち てしまいますが、これは自ら葉を落とす ことで、エネルギーの消耗をなるべく抑 え、厳しい冬を乗り越えようとしている のです。

●まいたけ、マイタケ、舞茸と癌細胞のアポトーシスを検討........

こうしたアポトーシスは、 生体にとつ て大切なシステムですが、何らかの異変 によって、その機能を果たさなくなるこ とがあります。
その一例が癌細胞で す。
ガン細胞は生体にとって不必要だか ら、自ら死滅するかというとその逆で、 むしろ増殖を繰り返します。
このようなアポトーシス機能を持たな くなったガン細胞に、アポトーシスを起 こさせる可能性を検討する、これが研究グループらの意図するところであったので す。
実験の結果、前立腺癌細胞にアポ トーシス効果が認められたことは前述し ましたが、このことはガン治療の決定打 になる可能性を秘めている、と言っても いいかもしれません。
正常な細胞を傷っけずに、選択的にガ ン細胞のみを自然死させることができれ ば、さまざまな副作用に苦しむこともな くなるからです。

●まいたけ、マイタケ、舞茸と強方なアポトーシス誘導作用 ●ガン細胞のDNAが分断.........

アメリカの研究グ ループが行なった検証を簡単に見ておきましょう。 まずは、マイタケのエキス<マイタケdフラクションやマイタケエキス、舞茸エキス等>を、人間の前立腺ガン細胞に 一定量投与しました。
すると、実に九五%以上のガン細胞の 細胞膜に酸化応力が発生しました。そし て、細胞の設計図である染色体<DN A>が分断するというアポトーシス効果 が確認されたのです。

●まいたけ、マイタケ、舞茸とビタミンCとの相乗効果.......

また、二〇〇μMのビタミンCと一緒 にマイタケdフラクションやマイタケエキス等を投与する実験も行 なわれました。マイタケdフラクションやマイタケエキス、舞茸エキス等とビタ ミンCとの相乗効果を見るためです。
マイタケdフラクションやマイタケエキス、舞茸エキス等の濃度が15分の1 程度のときには92%、8分 の1では96%の細胞が死滅 することが分かりました。
マイタケdフラクションやマイタケエキス、舞茸エキス等とビタミンCの相性 の良さは以前から指摘されていましたが 改めて裏づける結果となったわけです。

●まいたけ、マイタケ、舞茸などからガン細胞が萎縮した...........

ストレプトマイシより、 マイタケdフラクションやマイタケエキス、舞茸エキス等のほうが癌細胞が萎縮している、アポトーシ スロ細胞の自然死を起こしている、こと がはっきりと出たのです、そして、二四時間後にはほとんどのガ ン細胞が死滅していました。
ビタミンCまいたけ、マイタケ、舞茸と組み合 わせることで十分に臨床的に応用できる ことは、おわかりになると思います。
 


マイタケdフラクション、マイタケエキス海外サプリメント専門店

マイタケエキス海外サプリメント専門店

back to TOP Page

 
Copyright ami21 .All Rights Reserved. マイタケ、まいたけ、舞茸

スポンサー
葬儀費用
葬儀費用が安い戒名と終活
老人ホームや介護費用が安い料金
看護師求人募集と全国の介護施設のご紹介
看護師の転職・求人で高給料募集
老人ホームに看護師の転職・求人
ペット火葬が安い終活
ペット葬儀・霊園の安い終活
動物病院の料金が安い口コミ
  箕面市障がい者市民の会 母子家庭 MASHU(マッシュ) | ヘアサロン | 美容室 | 美容院の口コミ評判

マイタケ、まいたけ、舞茸など免疫関連

inserted by FC2 system